良いものを作る

音楽作品でも、商品でも、サービスでも、
結局は良いものを作ることしかないと思うんです。
 
僕は広告関係の仕事もしていますけれども、
どんなに優れた広告施策を用いたところで、
商品自体が良くなければ売れないんですよね。
 
広告って、1を5とか10にはできるかもしれないけど、
0を1にはできない。
だから結局は良いものを作るしかない。
 
もしも目の前に好きな人がいて、
いくら自分を好きになってくれ、って言葉で言っても、
自分に魅力がなければ相手の気持ちが動かないのと同じで。
結局は自分を磨くしかない。
でも、それだけを言ってしまうと広告の仕事は終わってしまうので、
1を5にして5を10にして、
そういう手伝いができる仕事がしたいなと思います。
 
そのためには、1になり得るのはどこなのか、
簡単に言えば相手の良いところを見つけて、
それを分かりやすく他の人に伝える、
そういうことが広告の仕事なのかなって思います。
恋愛で言うと仲人とか見たいな立ち位置。
どんなに良い仲人でも本人の魅力がなければ難しいと思いますが、
魅力が0っていう人も珍しいだろうから、
その人の魅力を見いだして、
それを必要と思ってもらえそうな人に紹介する、
そういう感じが広告の仕事にも似てるかなと。
 
他方、作り手の側からしたら、
売り方とかばかりに目を向けないで、
本当に良いものを作れているのか、
そこをきちんと見ていかなければならないと思います。
 
でもそこには色々と苦悩もあったりして。
どうして受け入れてもらえないのだろう、
良いものを作っていると思うのに、って。
それで悩んだりする時期があって、
もう辞めようかとか思ったりもして、
でも好きだからやっぱり続けて、
一つ壁を乗り越えたらまた悩んで。
その繰り返し。
 
自分も未だに、相手から必要とされているのだろうか、
必要としてもらいたい、 などと、
もどかしさを持つことが、音楽に限らず多々ありますが、
そこで自分を押し売りしても無意味だと思うから、
一つずつ自分の能力を高めて、
相手に欲してもらうしかないんですよね。
そう思って練習に勤しんだり、仕事に打ち込んだり、
刀振ったり(笑)
 
必ず報われる保証なんてどこにも無いけど、
自分が信じるなら進むしか無いのが人生なのかな、って思う冨田悠でした。

やりたい放題

人間の欲望ってものすごいエネルギーがあるものです。
自分はすごく欲深い人間だなと。
 
最近、結構睡眠時間が短いんですけど、
寝たい欲求よりも、
起きてやりたいことやりたい欲求が強くて、
自然と寝る時間が減っちゃって、
でも全然苦じゃないんです。
欲望という麻薬が効いてるのかな。
 
多分、医学的にはもっと寝た方が健康なのかもしれませんが、
体感的にはとても調子が良くて。
やっぱり、やりたいことをやる、
自分の本能的な欲求に基づいて生きてることが、
一番健康にはいいのかなって思ったり。
 
音楽も追求したいし、
面白い企画色々やりたいし、
ビジネスも楽しみたいし、、、
挙げればキリないけど、
欲張りだから全部やっちゃうんですよね。
ちょっとやり過ぎかもしれないけど、
今、自分にそれができるなら、
やりたい事を堪能したいなって。
 
ちなみに、
朝起きちゃうのは単なる加齢だ、
というご意見はご遠慮下さい。。。

グレー

僕の大好きな鬼平犯科帳の中のセリフで、
「人間、良いこともすれば悪いこともする」
というセリフがあります。
急ぎ働きするような盗賊が、
孤児を育てたり、
厳格な役人が汚職に溺れたり。
完全に善とか悪とか、
そういうのってあまり無いですよね。
 
善悪を白黒に例えると、
白っぽいグレーか、黒っぽいグレーか。
見る立場によっても違うし。
ある国ではテロリスト扱いであっても、
ある国では革命家として敬われてたり。
 
だから、完全な白にも、
完全な黒にもなる必要はないのかな。
自分では良いことを沢山してるつもりでも、
驕ってはいけない。
そして、他人がどんなに悪く思えても、
安易に全否定してはいけない。
 
色んなグレーがある、
それが人間なんだろうな、
と思います。

つまり人は永遠に孤独だということ

生まれる時も、死ぬ時も、
結局人は孤独だという話がある。
それはある意味そうだなと思う。
それでいて人は孤独を恐れる。
 
だから愛を求める。
愛を感じている時は、
人は孤独をしばし忘れる。
 
でも、それは忘れているだけ。
それでも良いと思えれば愛を求め、
あるいはそこに刹那を感じれば、
孤独に身を委ねる。
 
もし孤独に不感であれば、
孤独を恐れることもないけれど、
人を愛することも、
愛を感じることもできない。
 
孤独から逃れようとするのも、
孤独に身を投じようとするのも、
人の抱えるジレンマなのかもしれない。

宵どれナイトぱぁてぃ、ご来場御礼

先日行われたライブイベント、
宵どれナイトぱぁてぃにご来場頂いた皆様へ、
改めて心より御礼を申し上げます。

約2年ぶりのライブということ、
また新たなメンバーかでの演奏という事もあり、
新鮮な気持ちでのステージとなりました。
本当に沢山の方々にご来場頂きました。
感謝の気持ちと共に、
皆さんと一緒に一つの空気を作れたことをとても嬉しく思っています。

僕がライブで実現したいことは、
崇高なメッセージを届ける事でも、
純情な想いを伝えることでもなく、
音楽をネタに様々な人が集まり、
バンドとお客様とで一つの空間を楽しむこと。
そのためのきっかけとして、
自分のできる最良の音楽を奏でたいし、
自然体の自分を表現したい。

そんな心持ちでこれからもやっていきますので、
よろしければまた次回ご来場下さい。

今週末はライブです!

THE LOTUS AGE BAND主催のライブパーティー、
「宵どれナイトぱぁてぃ Vol.01」が、
今週末の土曜日に開催されます。

THE LOTUS AGE BAND今年最初のライブ。
場所は三軒茶屋グレープフルーツムーンです。

ゲストアーティストも交えながら、
パーティー形式で皆さんに楽しんて頂けるイベントです。

是非皆さんお越し下さい。

 

【イベント詳細ページはこちら】

水面鏡PV流れてます。

水面鏡

先日公開しました水面鏡のPVですが、
再生回数1000回突破しました。
大きな数字ではないかもしれませんが、
1人でも多くの方に楽曲を聴いて頂けるのは嬉しい限りです。
もっともっと沢山の方に聞いて頂けるよう、
曲作りに励みたいと思います。
是非お楽しみ下さい!

 

新曲作ってます。

アレンジしてます。
新曲のレコーディング中です。
 
曲の作り方って、
人によって、バンドによって、
曲によって様々な方法がありますし、
こうやるべき、みたいな固定概念は不要なので、
色んなやり方をします。
 
今回の楽曲は、
曲としてはだいぶ前に書いたもので、
ライブなどでも何回かやってるのですが、
音源としては作っていなかったので、
この機会に音源を作っています。
 
そういう形なので、
歌メロやいつも演奏するアレンジの感じは出来上がってました。
でも、今はまた違うメンバーだし、
現メンバーで今出す音、
として再構築したかったので、
歌メロと簡単なコード進行だけで、
みんなでせーのでベーシックなアレンジを決めました。
 
今回の流れとしては以下のような感じです。

 
 

1.プリプロ基本部分制作
 
既にある歌メロに合わせてメンバーそれぞれ合わせて、
ベーシックなアレンジの方向性を決める。

 

2.プリプロアレンジ作り込み
 
1の段階では現在いるメンバー、
ボーカル、ギター、ベース、ドラム、パーカスのみ、
シンプルな状態で入ってるだけなので、
そこに鍵盤やギターの重ね、
その他ストリングスやシンセなどを作ります。
今回はここの部分は僕が全てやってます。

 

3.本番レコーディング
 
プリプロで曲の全体像が出来上がったら、
各パートの本テイクのレコーディングです。
例えば1の段階では無かった鍵盤など他の音が入ることによって、
じゃあ、ドラムはこう叩いた方が良い、
などの判断を反映させながら、
各パートを録音していきます。
みんなで同時に録音した方が良い場面も多々ありますが、
今回の楽曲は各自別々のに録音します。

 

4.仕上げ
 
最終的に取れたOKテイクに合わせて、
アレンジを仕上げます。
足りない音を足したり、
余計な音を引いたり。

 

5.ミックス
 
ここからはエンジニアさんにお任せします。
各楽器の音量バランスや音色などを整えて、エフェクトなどの追加の加工などを加えます。
リスナーさんには見えずらい部分ですが、
録音作品の場合、ミックスが作品作りに占める割合はかなりあります。
なので、昔はここも自分でやっていたのですが、
餅は餅屋、ということもありますし、
一つの作品に関わる視点を増やすことで、
新たな可能性が生まれるので、
今は積極的に専門家にお願いしてます。

 

6.マスタリング
 
最後に、マスタリングという仕上げの作業を行います。
全体のバランスを整えたり、
他の曲と合わせて、
アルバム一枚としての統一感を出したりなど。
これもエンジニアさんの仕事ですね。

 
 

バンドの良さってこんな風に沢山の人の想像力が重なり合って、
予想外の新たなものが出来るところなんです。
長いこと仕事としての制作ばかりだったので、
クライアントの予算の都合などで、
上の工程の全てを一人でやるケースが多かったのですが、
それとは根本的にバンドは違うなと思います。
どっちが良い、とかの問題ではなく、
それぞれ違った作品ができます。
僕は欲張りなので、
どちらの創作活動もしていきたいなと思ってます。
 
こちらの楽曲が収録されたアルバムを4月リリース予定ですので、
是非ご期待下さい。

バースランドでバースデー

35歳の誕生日を迎えた昨日、
近所の行きつけのバー、
バースランドで軽く一杯やりました。
久々のウィスキーマックとコイーバ。
最近はめっきり飲みに行く機会も減りましたが、
やはり旨い。
 
甘みの強いストーンジンジャーに加えるスコッチは、
シングルモルトなどよりもブレンデッドが良く合う。
僕はバランタインが好みです。
 
音楽と同じで、個性の強いもの、弱いもの、
それぞれ全体のバランスの中での立ち位置がある。
目立つことだけでなく、
平易なこともまた個性というのは、
人間と同じとも言えます。
 
葉巻は店のラインナップより王道のコイーバ。
個人的には変わり種のベガスロバイナを良く嗜みますが、
たまには王道も良いものです。
その世界でのスタンダードであるものは、
それなりに理由があるわけで、
通を気取ってメジャーな銘柄を見下すのはあまりにもナンセンス。
そんなアルコールと紫煙で心地よい時間を過ごしました。
 
バースランドは僕が23歳の頃から通っており、
一時期は週に数回のペースで通っておりました。
一見ジェントルマンだけれどユニークなマスターがやっており、
今年で30年目の老舗です。
12年も通っていると常連もスタッフも入れ替わり、
昔の顔の思い出話をしたりして、
色々あったなー、話に花を咲かせました。
 
飲食店は特に入れ替わりが激しいので、
馴染みの店でも長く続く店はそうはありません。
自分の歴史の大部分を共有できる店が今もあることは、
とても有り難いことです。
変わること、変わらないこと、
どちらも人生です。
 
自らの時を深く味わいながら生きていこう、
そう考える冨田悠です。

呑みニケーション

酒が好き。
 
僕は基本的には量より質で、
旨い酒を味わいたいタイプです。
と、言うと酒席を共にしたことのある方は疑問符が付くかもしれませんが、
自身ではそう思ってます。
毎日呑むわけでもありません。
休肝日というわけではなく、
なんでも良いから呑みたい、
という気持ちにはあまりならないのです。
 
旨い酒と旨い肴で心地よい時間を過ごす。
それができないならあえて呑みたいとは思いません。
この「旨い」というのは、
酒や肴が良質であることで基本的には実現されますが、
平均的なそれでも「旨い」と感じられるマジック、
それが良質な「人とのふれあい」です。
これさえあればワンカップでも酔えるし、
逆にこれが良質でないと、
どんなに良い酒も全く旨くない。
酒も肴も人も良質だと、
至高の時を過ごすことができます。
 
プライベートではもちろんですが、
仕事関係の呑みであっても、
旨い酒が呑めない相手とは呑みません。
基本的には旨い酒が呑めないような相手とは仕事はしませんし、
仮に何らかの理由で関わりを持たなくてはならないとしても、
それは僕にとっては仕事ではなく作業。
そんなことはわざわざ一緒に酒を呑まなくてもできますしね。
 
逆に一緒に仕事をする人でも、
呑む機会の無い人もいますが、
そういう人でも呑んだら間違いなく旨い酒が呑める。
実際に呑むかどうかが重要なんじゃなくて、
旨い酒が呑める相手かどうかの問題です。
 
親密になって仕事を取りたい、とか、
仕事を進める上で呑みニケーションは重要、とか、
そういう考えの人は多いですけど、
僕の場合は順序が逆ですね。
腹を割って話せる相手だから呑む。
それだけです。
だから、呑みニケーションなんかやらなくても、
そういう相手とだと良い仕事ができる。
呑んだから良い仕事ができるのではなくて、
良い仕事を共にできる相手だから、
自然と呑みに行くわけです。
 
僕にとって人との呑みとは、
社会や他人に愚痴を言ったり、
中身のない時間をノリだけで過ごす為のものではなくて、
お互いの魅力を見つめ合える、
そんな時間です。