夏の花

花火

花火を見ると夏の終わりを感じる。

日本人の感性なのか、

終焉の前の最期の一花、

といった感覚がある。

もう一つ、夏の終わりを感じるものとして、

僕の中では「ひまわり」の花も挙げられる。

もちろん夏真っ盛りを連想することもできるわけですが、

すごく華やかなのにやはりどこか侘しさわ感じてしまう。

 

この二つの花は、

現実に見ている時よりも、

想い出の中に刻まれてから、

その姿の美しさが増すように思う。

言い換えれば想い出にまで残る花。

この夏が想い出となることを予感させるから、

夏の終わりを感じさせるのかもしれない。

素敵な時は必ず終わり、

想い出となっていく。

そこに感じる侘しさもまた、

人生の味わいとなっていくのだろうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です