追憶を燻らせて

久々にスコッチをロックで。 少々お高めなチョコレートをお供に、 ジャズの調べに耳を傾ける。 過ぎし日々は時とともに哀愁となってゆく。 まるでウィスキーが熟成されるかのごとく、 遥か彼方に遠ざかるほど、 そこに浸りたい衝動...