月に一度のメンテナンス

メンテナンス

ギターのメンテナンスはほぼ月に1回おこなっております。

弦の交換や部品をとり外して磨いて。

もちろん細かい調整はプロの職人さんに任せますが、

日頃のケアも大事なんですよねー。

やっぱり自分が使う道具は自分である程度メンテできないと。

物欲はあまり無い方ですが、

一度所有したらとことん使い倒す方なので、

愛情を持って接しております。

別に面倒ではなくて、

この作業自体が楽しいんです。

気のせいか、使い続けている程音も良くなっている気がします。

このギターは僕が好きな音が一発で出てくれるんです。

基本的にはアンプ直派なのですが、

そこそこ歪むアンプであれば、

スパッと自分の音が出てくれる。

そんなところも好きですね。

もちろん、色んな曲をこれ一本で弾くのは難しいですが、

基本、僕はギタリストでは無いので、

自分がギターを弾く時はハードロックしかやらないので十分です(笑)

歌を歌う時はギターは他のギタリストに任せちゃうパターンが多いので。

最近はピアノとのパターンも多いかな。

とにかく、ギターに関しては、

自分のできる事だけをやりたいようにやっている冨田悠です。

挑戦は勉強

プログラミング

やっとこさ新しいブログを公開できました。

アメブロは卒業です。

今回は既存のブログサービスを使わず、

WordPressを使って自分で作ってみました。

htmlにcssにphpに、

とにかく色んな指南書を読んで、

一杯失敗して、

やっとこさ皆さんにお見せできるくらいになりました。

プログラマーの人はこの何十倍もの知識や技術があるんですよね。

ほんと尊敬します。

でも四苦八苦やる中で、

少しはサイト制作のスキルは付いたかなって思います。

やはり新しい事に挑戦することは一番の勉強ですね。

今の状況を少しでも良くする。

そんな意識を持って挑戦することで人間成長するんですねー。

それにしてもMacが壊れててiPadでの制作は本当にキツかったf^_^;)

歌も熟成

レコーディング1

 

久方ぶりに自分の曲のレコーディングをしました。

曲自体は1年前に出来上がっていたのですが、

仕事が忙しく全然時間が取れなくて、

ようやく昨日歌入れが終わりました。

レコーディング2

 

後はエンジニア↑に任せて、

最後にちょろっと口出ししたら完成です。

 

ライブで歌うのが1番好きですが、

レコーディングの歌入れの作業は、

自分の歌と真剣に対峙できるので、

曲が成長する上で大切な作業だと思います。

面白いのは、今回は曲を書いてからレコーディングまで1年間あったせいで、

その間にすでにライブで何回か演奏してるんですよね。

そのお陰か、1年前に書いた時より曲が成長していて、

結果的にはより良いテイクが録音できたかと思います。

例えればウィスキーや葉巻のように、

出来立てよりも熟成させた方が、

曲もより味わいが増すのかもしれませんねー。

5月中には完成させるので、

ご期待下さいー(^ ^)

夜を生きる人々

夜景

 

例えば、バーで飲んで、タクシーで帰る。

バーテンダーもタクシーの運転手も、

夜の世界を選んだ人達なのかなぁ、

なんてふと思いました。

他にも、沢山の夜の職種がありますが、

見えてる世界ってやっぱり違うのかなぁ、

なんて考えてみたり。

僕は完全に朝方で、

バーに行くてしても開店直後が多いし、

終電までいたらかなり頑張った方です。

5時か6時には目が覚めちゃうし。

前に朝ごはんで牛丼屋に入ったら、

知り合いのバーテンダーが仕事上がりでビール飲んでましたけど、

同じ空間にいても全然世界は違うんだろうなぁ、と。

朝方の僕にとっては夜の世界はどこか現実味がなく、

良くも悪くも夢心地なんですが、

夜を生きることを選んだ人々は、

逆に昼間はどんな風に見えるのかな、

なんて思ったりします。

僕が黄昏に感じるような郷愁を、

朝日で感じたりるのかな。

モチベーション

生きてく上でモチベーションを維持すること、

これは意外と難しいもので、

最初はやる気があっても時間と共にどうしてもモチベーションは下がります。

鉄は熱い時に打て。

一番良いのはやる気になった時にスピード感を持ってやるのが一番だと思いますが、

物事の性質によっては継続しなくてはならない事も多く、

始めた時のモチベーションを以下に維持できるか、

これは結構重要なことです。

そのための手段の一つは、

ワクワクできる、夢を持てる、

そんな目標を節目毎に設定することなんだと思います。

例えば、これを半年続けたらいくら儲かる、

というような数値目標でも良いし、

僕の場合だったら、

今の事業を続けたらヒットするアーティストを出せるかもしれない、

とか、それによって自分の楽曲も広がるかもしれない、

そしたらもっと多くの人から依頼をもらえるかもしれない、

という風にどんどん膨らませるというような感じです。

例え、自分の今の仕事が直接的にワクワクしなくても、

この仕事頑張ったら何年で貯金がいくらできるからマイホームが持てるかも、

とか、ダイエットしてる人だったら、

痩せて綺麗になったら好きな人が振り向いてくれるかも、

とかですかね。

もちろん、絶対そうなる保証はなくても、

目標とその期限、それに関わるワクワク感を持つこと、

これは一つのモチベーション維持の方法じゃないかなって思います。

ハードロック!

1504リハ

先週末は久々に大学の同期とバンドリハしました。

曲目らディープパープル及びレインボー。

いやぁ、ハードロックやるのなんて本当に久々で、

普段より疲れてしまいました。

でも、少しだけ若かりし頃に戻れたような気がしました。

最近はポップスでボーカルやったり、

人のバックでアコギの伴奏やったりが多かったんですが、

やっぱり爆音エレキでハードロックやるのは気持ち良いですねー。

完全内輪ノリバンドですが、

久々に演奏を楽しんでおります。

コピーをやるのって勉強になりますね!

街と音楽

最近は日頃あちこち出回ってますが、

その街ごとに表情って違いますよね。

そんなことを感じることって、

実は曲作りに生かされるんです。

「有楽町で会いましょう」とか、

「ブルーライトヨコハマ」とか、

ある特定の街を題材にした曲も沢山ありますが、

具体的な地名を出さないまでも、

僕の場合は曲のシチュエーションとして、

どこかの街を想定してることがよくあります。

曲を作る作業ってただ音符を並べる作業ではなくて、

一つの世界を創ることだと思うんです。

どんな街で、どんな人が、どんな気持ちか。

そんなことを考えながら、

言葉やメロディーを生み出していく。

僕はそんな形で曲作ってます。

昔、クラプトンが先人の曲をコピーする時に、

フレーズではなくてそのミュージシャンがどんな服をきてどんな車に乗ってるかを想像する、

っていうインタビュー記事を読んだことありますけど、

そういう事に共通するんじゃないかなって思います。

そういう意味では、高校時代に作った曲とか、

銀座とか歌詞に出てくるんですけど、

よく歌ってたな、って思います(笑)

次の曲ではどんな街に行こうかなー。