新年早々わがままですみません。

皆さま、明けましておめでとうございます。
冨田悠です。
明けましたね、2018年。
僕は昨年末はインフルエンザで寝込みまして、
大晦日に遅めの大掃除、
年明けてからは実家に顔出して、
本日は免許の更新に来ております。
長蛇の列で寒風の中待たされております。
寒いです。
 
さて、今月で35歳になるのですが、
もう後何年人生があるのだろうか、
そんな事を考えてしまいます。
成し遂げたいこと、
その為にどこまで時間を費やせるのか、
その事ばかりが頭から離れません。
 
僕の成し遂げたいことは、
自分の満足できる音楽を作ること、
です。
自分が表現したい曲を作ることは当たり前ですが、
それに共感して聴きたいと思ってくれる人がいる事、
受け手の人が受け取ってくれて初めて音楽は完成するので、
そこまでを含めて成し遂げたいのです。
 
僕の求める音楽は、
どうしても打ち込みだけで完結するものではないので、
様々なミュージシャンやエンジニアなどとの協力が必要だし、
求める音を再現する環境も必要。
そして、その表現が完結するためのリスナーとの巡り合いも必要です。
その為にできること、やるべきことに全てを使いたい。
それはどんなにお金と時間を費やしたところで、
絶対に実現できるということでは無いので、
だからこそ可能な限り費やしたいのです。
 
なんか、変な例えなんですけど、
便秘を解消したい気分に似てます(笑)
出したいものがあって、
なんかもどかしいみたいな。
なんでこうなってしまったかは分からないですが、
なってしまったものは仕方ないですね。
やりたい事をやるだけです。
 
今まではどうしてもお客さんの為、社員の為、
など、他者の為に全てを費やす必要がありました。
クライアントの求める楽曲を作り、
他のアーティストのプロモーションに尽力する。
自分のスタジオの利用時間はどのお客さんよりも少なかったと思います。
もちろん、その事で様々な実務能力は育まれましたので、
これからの人生は会得した実務能力を自分の音楽の為に使いたいな、と。
 
わがままかもしれないけど、
ありのままに、生きたいように生きていく。
今年からはそんな生き方に切り替えた冨田悠でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です