良いものを作る

音楽作品でも、商品でも、サービスでも、
結局は良いものを作ることしかないと思うんです。
 
僕は広告関係の仕事もしていますけれども、
どんなに優れた広告施策を用いたところで、
商品自体が良くなければ売れないんですよね。
 
広告って、1を5とか10にはできるかもしれないけど、
0を1にはできない。
だから結局は良いものを作るしかない。
 
もしも目の前に好きな人がいて、
いくら自分を好きになってくれ、って言葉で言っても、
自分に魅力がなければ相手の気持ちが動かないのと同じで。
結局は自分を磨くしかない。
でも、それだけを言ってしまうと広告の仕事は終わってしまうので、
1を5にして5を10にして、
そういう手伝いができる仕事がしたいなと思います。
 
そのためには、1になり得るのはどこなのか、
簡単に言えば相手の良いところを見つけて、
それを分かりやすく他の人に伝える、
そういうことが広告の仕事なのかなって思います。
恋愛で言うと仲人とか見たいな立ち位置。
どんなに良い仲人でも本人の魅力がなければ難しいと思いますが、
魅力が0っていう人も珍しいだろうから、
その人の魅力を見いだして、
それを必要と思ってもらえそうな人に紹介する、
そういう感じが広告の仕事にも似てるかなと。
 
他方、作り手の側からしたら、
売り方とかばかりに目を向けないで、
本当に良いものを作れているのか、
そこをきちんと見ていかなければならないと思います。
 
でもそこには色々と苦悩もあったりして。
どうして受け入れてもらえないのだろう、
良いものを作っていると思うのに、って。
それで悩んだりする時期があって、
もう辞めようかとか思ったりもして、
でも好きだからやっぱり続けて、
一つ壁を乗り越えたらまた悩んで。
その繰り返し。
 
自分も未だに、相手から必要とされているのだろうか、
必要としてもらいたい、 などと、
もどかしさを持つことが、音楽に限らず多々ありますが、
そこで自分を押し売りしても無意味だと思うから、
一つずつ自分の能力を高めて、
相手に欲してもらうしかないんですよね。
そう思って練習に勤しんだり、仕事に打ち込んだり、
刀振ったり(笑)
 
必ず報われる保証なんてどこにも無いけど、
自分が信じるなら進むしか無いのが人生なのかな、って思う冨田悠でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です